蜉蝣の一期「」

死ぬまで受けループ使います(多分)

ギルガルド入り生意気ループ【最終575位/R1947】

f:id:ukeruichigo:20210901183501j:image

 

こんにちは、イチゴです。今回はS21に使用した構築の記事を書くことにしました。目指していたレート2000には1歩及ばなかったものの、中盤安定して2桁前半をキープ出来たこと、最終日レート1800から20チャレまで持って行けたことなど、今後のポケモン人生においても収穫のあるシーズンとなりました。悔しいけど。

 

f:id:ukeruichigo:20210901185714j:image

最終日の朝7時くらいに2000チャレが来て、そこから勝ったり負けたりして最後は1947で終わりました。

 

・パーティコンセプト

受けループ。この構築はおそらく純正受けループでは無い。そもそも普通の受けループと純正受けループの違いがよく分からない。

半永久的にサイクルを回せる構築。

 

〜パーティ紹介〜

     ・ムゲンダイナ

f:id:ukeruichigo:20210902174339j:image

役割対象:ウーラオス、ゴリランダー、イベルタル、カプレヒレ、レジエレキ、テッカグヤロトム系統、霊獣ボルトロス

最強ポケモンムゲンダイナ。Sは最速101族抜き。受けミラーを意識してHPを出来るだけ高くし、奇数にした。技構成は確定のじこさいせい、PP枯らし、その他絡め手対策の身代わり、身代わりと相性の良いマジカルフレイム、レヒレなどのフェアリーポケモン、ゴリランダーなどのくさポケモンに打つヘドロばくだん。マジカルフレイムの枠はコスモパワーで使ったりもしていたが、後ろに繋ぐことが出来たり鋼に打点を持てるマジフレの方が強かった。このポケモンは対策もかなりされていたが、それでも強かった。

 

     ・ヌオー

f:id:ukeruichigo:20210902192019j:image

役割対象:ザシアン、ガブリアス、レジエレキ

世界最弱のザシアン受けポケモン。ザシアンに受け出した次のターンはじゃれつくが外れない限りさいせいを押さなければならない。技構成は、確定のじこさいせい、メインウエポン且つザシアンにダメージの大きいじしん、こだわり技の確認のためのまもる、まもると相性が良く、カバルドンの処理速度を上げるどくどくを採用。可愛いけど凄く弱かった。

 

     ・ヤドラン

f:id:ukeruichigo:20210902205608j:image

役割対象:ランドロス、ゴリランダー、ヒヒダルマ、ウオノラゴン、ヒードランマンムー、エースバーン

耐久の数値としてはヌオーの何倍も信頼出来るが、鉢巻ウオノラゴンに関してはステロが入ると残飯まもるでもギリギリなので心臓に悪かった。ヒードランを意識して確定2発を取れるじしんを採用した。今期、何匹のウオノラゴンに急所で突破されただろうか。シェルアーマー使いたい。

 

     ・ハピナス

f:id:ukeruichigo:20210902212707j:image

役割対象:カイオーガ、サンダー、ムゲンダイナ、その他特殊全般

努力値の調整意図としては、メガネオーガのしおふきを2耐えする程度Dを振り、残りをBに回した。カバルドンの下からタマゴうみをしたり、受けミラーの時に下からねむるために最遅で採用。あんまり選出機会は多く無かったが、構築に特殊の数値受けがいると何故だか安心できる。ばんのうがさを持たせていたが、最終日カイオーガとあまり当たらなかったので生きる場面が少なかった。スキルスワップゴチルゼル意識。

 

     ・バルジーナ

f:id:ukeruichigo:20210902213203j:image

役割対象:黒バド、その他ゴースト、悪特殊ポケモン

ブラッキーバンギラスなどの黒バド受けが他にもいるが、裏にかけられる負荷と安定性を両立していて、地面の一貫を切れるバルジーナを採用した。技構成は、カバルドンや、耐久ポケモンを意識してどくどく、襷巧みドレインキッス、身代わりバド用にバークアウト、裏に負荷をかけやすいはたきおとすを採用した。黒バド以外にはあまり出さなかったが、対黒バド性能は非常に高いと思った。

 

     ・ギルガルド

f:id:ukeruichigo:20210902213732j:image

役割対象:ゼルネアス、カプテテフ、ヤドキング、イエッサン

ゼルネアスとカプテテフの対策枠のHDギルガルド。みらいよち+ザシアンで崩そうとしてくる相手にも刺さった。技構成に関しては、最初は剣の舞をねむるで採用していたが、ゼルネアスのためだけにねむるを採用するのは弱いと感じ、剣舞→かげうちが強いこともあり、立ち回りの幅が広がる剣の舞を採用した。努力値はゼルネアスの特化+2ムーンフォースを96.1%で2耐え出来るくらいまでDを振り、残りはAに回した。ムゲンダイナのヘド爆で削り残したポケモンをかげうちで倒すが強かった。どくどくが欲しかった。

気付いたらパーティ中3匹生意気だった。

 

スペシャルサンクス

VM、対戦相手の方々、枠に来てくれた方々、Twitterで応援、アドバイスをしてくれた方々、夏休みにoffを増やしてくれた部活

 

・おわりに

今期ずっと構築が迷走していて、最終日も他にこのような構築を使ってました↓↓↓

f:id:ukeruichigo:20210902214712j:image
f:id:ukeruichigo:20210902214715j:image

中盤は安定して2桁前半をキープすることが出来、自身としても最高の17位まで到達出来ました。f:id:ukeruichigo:20210902214927j:image

終盤苦しかったですが、いつも以上に潜ったことにより、ポケモンというゲームの面白さ、奥深さを改めて感じることが出来ました。

部活と勉強のため、僕はしばらくポケモンから離れることになりますが、この夏休みという最高の機会に満足の行く程ポケモンが出来たことは、幸せでした。

「満足感は結果にではなく、過程にこそある。」

これは、ジェームズ・ディーンの言葉。

たしかに僕は今期、精一杯努力をして満足感を得ています。しかし、達成感は結果で無ければ得ることは出来ないと思います。次のランクマに潜る機会には、その「結果」を全力で掴み取りたいです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!!!!